[ABBV・PFE]2019年第4四半期の決算速報!

ヘルスケア 投資 お金 投資全般
この記事は約3分で読めます。

保有するヘルスケア業界の2銘柄の決算が発表されました。ファイザー(PFE)は1/28、アッヴィ(ABBV)は2/8発表でした。

決算発表は明暗分かれる!

日付が離れているので市場の反応という意味での比較は難しいです。ですが、一方は大きく下げ、もう一方は大きく上げましたので直接比較はできなくとも分かりやすい反応だと思います。まずはファイザーのニュース。

ファイザー株、7月以来の大幅安-主要医薬品売り上げが予想下回る
28日の米株式市場で米ファイザーの株価は、特許切れ医薬品事業を分離する計画を発表した翌日である昨年7月30日以来の大幅安となった。

アッヴィはこちら。

アッヴィが決算好感し上昇 海外の廉価薬との競争も「ヒューミラ」は底堅く推移=米国株個別 投稿日時: 2020/02/08 04:04[みんかぶFX] - みんなの株式 (みんかぶ)
最新投稿日時:2020/02/08 04:04 - 「アッヴィが決算好感し上昇 海外の廉価薬との競争も「ヒューミラ」は底堅く推移=米国株個別」(みんかぶFX)

肝心の決算の中身は???

ファイザーとアッヴィの決算の中身を急ぎ足で見ていきます。

まずファイザーですが、売上×、利益×、個別製品売上×とあまり良いところがありませんでした。
全体の売上は9%減。米国で特許切れとなったリリカの売上は67%減となっています。そして新薬ですが、部門としては7%増。しかし乳がん治療薬”イブランス”、関節リウマチ薬”ゼンヤルス”はアナリスト予想に届きませんでした。

続いてアッヴィ。こちらは売上○、利益○、個別製品売上○とアナリスト予想を上手に超えてきました。特に特許切れからの売上減を心配されているヒュミラ単体の売上予想も上回ることが出来ており、売上減の底が見えてきた可能性もあります。ヒュミラは予想48.6億ドルのところ49.2億ドル。そして伸びて欲しいインブルビカは12.8億ドル予想で13億ドルでした。新薬として発売されたスキリージ(Skyrizi)、リンヴォック(Rinvoq)がどの程度拡大できるのかは期待したいと思います。以前取り上げた日本国内で売れたマヴィレットですが全社ではマイナスのようです。もしかすると世界的には既にピークアウトしているのかもしれないです。

アッヴィの方がファイザーよりも伸びしろがあるように感じます。新薬の臨床試験も順調に進んでいるようです。

AbbVie (ABBV) Announces RINVOQ Meets Primary and Key Secondary Endpoints in Phase 3 Study in Psoriatic Arthritis
AbbVie (NYSE: ABBV), a research-based global biopharmaceutical company, today announced positive top-line results from the Phase 3 SELECT-PsA 1 clinical trial....

地味ですが、こういった活動も大切なんだろうと思います。

アッヴィとエーザイ、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ®」について国内で初めて化膿性汗腺炎の適応追加承認を取得 | ニュースリリース:2019年 | エーザイ株式会社
エーザイ株式会社のニュースリリース「アッヴィとエーザイ、ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ®」について国内で初めて化膿性汗腺炎の適応追加承認を取得」を掲載しています。

個人的に気になっているのは昨年発表されたアラガン買収です。

米製薬大手アッヴィのアラガン買収、条件付きで承認
欧州委員会は10日、米製薬大手アッヴィがアイルランドの同業アラガンを買収する計画を承認したと発表した。アッヴィは2019年6月、アラガンを約630億ドルで買収することで合意したと発表した。アッヴィはこうした懸念に対応するため、ブラジクマブの開発・製造・販売に係る全ての権利を第三者に譲渡することを提案し、欧州委はその実施...

欧州委員会でも承認されましたが、条件付きとのこと。その条件というのはアラガンが開発を進めている炎症性腸疾患(IBD)の治療薬「ブラジクマブ」を売却するというもの。これはどうやらアッヴィのもつスキリージと被っていそうなので、スキリージが上位互換であれば大きな影響はなさそうと思います。でも本職ではないのでちょっと気になっています。

どうする?どうする?どうする?

アッヴィは既存製品が順調に伸び、ヒュミラの減少をどこまで穴埋めできるのかが今後もポイントになります。新薬も順調に承認されそうですのでそのあたりは心配いらないのかもしれません。アラガンとの合併も一部特許の放棄(?)を前提に承認されたようです。

ファイザーはアップジョン部門を切り離し、一本足打法となる新薬の開発が進まないことには話になりません。今が底値、ファイザーは有能と信じて積み増していくかどうかですね。ファイザー信じたいですけどねぇ・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました